株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

日経225先物 税金について

日経225先物の取引で得た利益には、税金がかかります。

先物取引に係る雑所得に当てはまるのです。

申告分離課税の対象になるので、他の所得とは別に税金を納める必要があります。

税金を納める方法は、自ら確定申告するものです。

日経225先物の取引には、特定口座の制度などがないため、納税の確定申告も損失が出た場合の繰越控除の確定申告も自主的に行わなければなりません。

税金の税率は、利益が少なくても多くても同じです。


所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%=20.315%です(2037年まで)。

日経225先物で年間通じて利益が出ず、損失額を年内に控除しきれない場合、確定申告することで翌年以降3年の繰越控除を行えます。

繰越控除を行っておけば、翌年からの利益で損失を埋められますし、補填分の利益には税金がかからないので安心です。

損失したなら確定申告しなくて良いだろうと考える人もいますが、以上のような理由があるため、確定申告は行っておくべきです。

また、日経225先物の損益は、日経225miniなどの先物取引、オプション取引、NetFXなどと損益通算できます。

ただ株式取引、信用取り引き、FX取引との通算はできませんので注意しましょう。

株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

© 2014 のんびりショッピング rss