株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

日経225先物オプションについて

日経225先物オプションというのは、オプション取引をすることを指し、これは将来の価格を先取りして権利の売買をすることを意味しています。

そのため、日経225オプション取引においては、将来ある値段にて買う権利と売る権利があり、いずれも買うという行為になります。

オプション取引という金融商品の性質上、権利という形のないものを扱う売買になります。

現在の日経平均株価が今後、上昇に向かうと想定した権利行使価格で買うことをコールの買いといい、逆に日経平均株価が下落すると想定した権利行使価格を買うことをプットの買いといいます。

権利行使価格は株式投資でいうところの銘柄に当たり、それぞれの権利行使価格には値段がついて、プレミアムと呼んでいます。

プレミアムの価格は日本経済新聞などに掲載されていて、オプション取引の買いの売買については、自分の好きな時にいつでもできるようになっています。

ただ注意しなければならないのは、オプション買いは負ける方が圧倒的に高いことから、勝つ時には大勝ちしないと、収支はマイナスになります。

日経平均は1ヶ月以内で1500円~2000円動くのが通常で、もし1~2週間の短い期間に起きると、需給によってプレミアムが急騰するからです。

株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

© 2014 のんびりショッピング rss