株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

日経225先物と225オプションの違い

日経225先物と225オプションは、名前が似ていますが違うものです。

日経225先物は、株価指数を対象とする先物取引のことです。

先物取引は端的に言ってしまえば、高く売って安く買うことで利益を得るものです。

とある商品を来る期日までに取引することを、あらかじめ取り決めた価格で行うと約束するのが基本的な形です。

そして期限内に反対売買をすれば、決済することも可能となっているのです。

日経225先物はそれほど難しいことはなく、他の相場と同じように行えるので、初心者でも理解しやすいでしょう。

225オプションはそれと違い、難解であると言われています。

オプション取引と呼ばれるもので、日経225先物に対し、こちらは権利だけを取引するという違いがあります。

とある商品を決められた期日や期間内に、決められた価格で買い付ける権利・売りつける権利を取引するのです。

225オプションの場合、期間内に買い付ける権利(コール・オプション)をしたとしても、もっと良い商品を別に見つけた場合は、購入を辞退することもできます。

あくまでも権利の取引で、決済時に購入義務が発生しないのも225オプションの特徴です。

株式投資やFX、日経225先物をやっている人は必見!東大出身の現役プロトレーダーが教える!「パーフェクト・ストラテジー」

© 2014 のんびりショッピング rss